読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOKISOホイールの組み替え

お客様からお預かりしたGOKISOホイールです。

f:id:cs-hatano:20160721172701j:plain

リム高33mmのカーボンチューブラーリムにホシのエアロスポークの

組み合わせです。

 

f:id:cs-hatano:20160721172842j:plain

フロントは20Hラジアル組です。

 

f:id:cs-hatano:20160721172944j:plain

リアは24Hで、フリー側4本組み、反フリー側ラジアル組です。

 

f:id:cs-hatano:20160721173301j:plain

このリムはインターナルニップル仕様なのですが、

f:id:cs-hatano:20160721173349j:plain

エクスターナルニップルを逆さまにして組んでありました。う~む。

 

GOKISOハブのフランジ‐センター間の距離ですが、

f:id:cs-hatano:20160721173938j:plain

フリー側はエボリューションライトハブと同じくらいです。

11速用のハブですと、フリー側についてはどれも同じようなものですね。

 

反フリー側は、

f:id:cs-hatano:20160721174311j:plain

フランジ‐センター間の距離がえげつなく短いです。

反フリー側のフランジ-センター間が短いと、

反フリー側のスポークテンションがフリー側のスポークテンションに近くなるので、

スポークテンションという部分だけを見るとそれはそれでいいのですが、

これだけフランジが中心寄りになると、横剛性に少なからず影響が及ぶはずです。

フランジの直径を大きくし、P.C.D.を大きくすることで補っているのでしょうか。

 

で、このハブにはリム高50mm、リム幅25mmのカーボンチューブラーリムを

組み合わせました。

f:id:cs-hatano:20160721175117j:plain

スポークはSAPIMのCX-RAY、ニップルはゴールドです。

リムの表面仕上げは3Kツヤ無しです。

 

f:id:cs-hatano:20160721175319j:plain

フロントは20Hラジアル組で754g(リム412g)です。

ちなみにフロントハブの重さは250gを超えています。

 

 

f:id:cs-hatano:20160721175619j:plain

リアは24Hでフリー側4本組み、反フリー側ラジアル組で977g

(リム418g)。リアハブは450gです。

ハブの回転はものすごくスムーズでいいのですが、

リムほど重量の影響が大きくないとはいえ、

ハブだけで700gはちょっと重たいですね。

 

GOKISOリムは、

f:id:cs-hatano:20160721181136j:plain

エボリューションライトハブで組み直しました。

スポークはDTSwissのコンペティション

ニップルはもちろんインターナルニップルです。

 

f:id:cs-hatano:20160721181332j:plain

フロントは20Hラジアル組で529g(リム336g)です。

 

f:id:cs-hatano:20160721181424j:plain

リアは24H4本組みで727g(リム337g)です。

 

1セットのホイールを組み替えて2セットのホイールができましたので、

一粒で二度おいしい、という感じでしょうか。

ちょっと違うな・・・

サイクルショップはたの