読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XR-200リムとNOVATECのハブで手組みホイール

手組みホイール

XR-200とNOVATECのハブでホイールを組みました。

f:id:cs-hatano:20160520172906j:plain

ニップルは紫です。

 

f:id:cs-hatano:20160520173018j:plain

フロントハブはNOVATECのA291SBです。

旧エボリューションハブと同等品です。

約78gですのでエボリューションライトと比べると18gほど重いのですが、

ベアリングが違うからなのか、構造が違うからなのか、

こちらのハブのほうが回転がいいような気がします。

スポークはSAPIMのCX-RAYです。

20Hラジアル組みで563g(リムは386g)です。

 

f:id:cs-hatano:20160520173334j:plain

リアハブはNOVATECのF482SBです。

これも旧エボリューションハブと同等品です。

スポークはフリー側がDTSwissのコンペティション、

反フリー側がSAPIMのCX-RAYです。

24H4本組みで766g(リムは379g)。

前後合計で1329gです。

アルミのフリーボディーですと、スプロケットが食い込んで

スプロケットが外れ難くなってくることがあります。

このハブはフリーボディーにスプロケット食い込み防止用の鉄板(ABGの

刻印がある部分)が埋め込まれていますので、食い込み難くなっています。

約245gですのでエボリューションライトより15gほど重くなりますが、

これはいいかもしれませんね。

サイクルショップはたの