読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WH-7801 リアハブのオーバーホール

お客様からWH-7801をお預かりしました。

f:id:cs-hatano:20150624173419j:plain

リアハブをオーバーホールします。

 

f:id:cs-hatano:20150624173454j:plain

フリー側のロックナットは逆ネジになっています。

緩めて外します。

 

f:id:cs-hatano:20150624173722j:plain

ロックナットを外すとフリーボディーを抜くことができます。

 

f:id:cs-hatano:20150624174107j:plain

フリーボディーを抜くとこのようになっています。

まだハブシャフトは抜けません。

 

f:id:cs-hatano:20150624173834j:plain

反フリー側のロックナットと玉押しを外します。

リテーナーにセットされたベアリングボールが見えています。

 

f:id:cs-hatano:20150624174300j:plain

フリー側にハブシャフトが抜けてきます。

 

f:id:cs-hatano:20150624174437j:plain

ラチェットの爪がかかるギザギザの奥にベアリングボールが見えています。

 

f:id:cs-hatano:20150624174531j:plain

このハブだけ他のシマノハブと構造が違い、

フリー側のベアリングがフリーボディーより内側に位置し、

ハブ全体の中心にかなり近くなっています。

これはカンパニョーロのハブと同じ構造ですね。

工業用のシールドベアリングを用いたハブも、

ベアリングの配置はこれと同じようになっています。

 

f:id:cs-hatano:20150624175555j:plain

きれいになりました。

サイクルショップはたの