読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HB-5800とFH-5800

手組みホイール

シマノの105グレードのハブがモデルチェンジしました。

HB-5800とFH-5800です。

5700と比べて大きく変わったのは2ヶ所です。

f:id:cs-hatano:20140718105519j:plain

 

まず1ヶ所目。

玉押しのロックナットが変わりました。

f:id:cs-hatano:20140718105559j:plain

5800はキャップタイプになりました。

 

f:id:cs-hatano:20140718105652j:plain

エンドキャップはねじ込み式です。

 

f:id:cs-hatano:20140718105728j:plain

ベアリングは従来通りのカップ&コーンです。

FH-5700までは、135mm化するのに5mm長いシャフトに入れ替えて、

5mm分のスペーサーをかましていたのですが、

このシャフト、中途半端な長さなので、これより5mm長いものが存在しません。

ということは長いシャフトをカットして、これより5mm長いものを

作らなあかん、ということになりますね。(ちょっとめんどくさい・・・)

 

次2ヶ所目。

フランジ-センター間の距離が変わりました。

f:id:cs-hatano:20140718112342j:plain

右が5800です。

11速フリーになったので、フリー部分が長くなっています。

それにともない、

f:id:cs-hatano:20140718112445j:plain

フリー側のフランジが2mmほど内側に寄りました。

 

f:id:cs-hatano:20140718112601j:plain

反フリー側のフランジは1mmほど外に出ています。

ということは、フランジ間が狭くなり、オチョコがきつくなった、

ということですね。これはつらい・・・

普通に組んだら反フリー側のスポークテンションはゆるんゆるんですね。

24Hリムで2:1組みをお勧めします。

これ135mm化しても、24Hリムで2:1組みできるかも・・・

 

サイクルショップはたの