読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サスペンション付きフロントフォークの分解

自転車の修理

先日、ビア・・・(ややこしいので省略)・・・という報道がありました。

う~ん、本当にスプリングが折れると、インナーチューブがすっぽ抜ける構造に

なっているのでしょうか。

 

ちょうど足元にサスペンション付きフロントフォークが転がっていたので、

分解してみることにします。

f:id:cs-hatano:20140628194737j:plain

廉価ななんちゃってMTBに付いていた物だと記憶しています。

ブリッジの根元のネジと、カンチの台座を緩められますが、

これを緩めてもブリッジが取れるだけです。

では、

f:id:cs-hatano:20140628194800j:plain

フォーククラウンの上についているキャップを外してみましょう。

f:id:cs-hatano:20140628194821j:plain

マイナスドライバーでこじると外れました。

 

f:id:cs-hatano:20140628194843j:plain

う~ん、これでは分解できそうにないですね。

ひっくり返してみると、

f:id:cs-hatano:20140628194858j:plain

ネジ発見。

f:id:cs-hatano:20140628194917j:plain

六角レンチで緩めます。

両方緩めてそーっと引っ張ると、

抜けました。

で、内部の状態は・・・






ぐえ。









【閲覧注意】

食事中の方はご遠慮ください。





f:id:cs-hatano:20140628194937j:plain

うんこまみれ♪

ウソです、ゴメンナサイ・・・

(店主ほんとはこんなこと言うような人ではないのですが・・・)

ちゃちゃっと洗浄してみました。

f:id:cs-hatano:20140628194953j:plain

スプリングの上部はインナーチューブ内で固定されています。

スプリングの下部には樹脂製の部品がねじ込まれています。

スプリングの内部に見えている黒いものはゴム製かな?

f:id:cs-hatano:20140628195009j:plain

樹脂製の部品の最下端にはネジが切られています。

さっき緩めたネジでアウターチューブ最下端に固定されていたのですね。

 

ということは・・・









スプリングが折れたらすっぽ抜けるじゃないですか!

 

それだけでなく、スプリングの固定が外れたら抜けるし、

スプリングと樹脂製の部品の固定が外れたら抜けるし、

樹脂製の部品が折れたら抜けるし、

固定のネジが折れたら抜けますね~。

おそろしや。

 

まあそんなに簡単に部品が錆びて朽ち果てることはないでしょうし、

今現在出回っているフロントフォークでは何か対策を施されているかもしれません。

が、このタイプのフォークが付いている自転車がまだ現役で

走り回っているのも事実です。

 



乗車前に前輪を上からたたいて取れないか確認してくださいね。

乗車前点検大事です。


サイクルショップはたの