読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O.L.D.135mm化

先日、

「KINLIN XR-19WとTiagraハブでホイールを作成して欲しいのですが、

エンド幅135mmのクロスバイク用にリアハブを135mmにできますか?」

とのお問い合わせ。

できますできます。

FH-4600のハブシャフトを長いものに交換し、

反フリー側のスペーサーを5mm分長くなるように交換しました。

f:id:cs-hatano:20140604174907j:plain

このハブでホイールを組むと、当然、130mmのときと比べて、

リムのセンターが2.5mm左に寄った位置になります。

そうすると、右のフランジ-センター間が2.5mm長くなり、

左のフランジ-センター間が2.5mm短くなります。

これ、左右のスポークテンション差がすごく縮まりますね~。

このハブですと通常スポークテンションは、55:100(実際の値ではなく、

あくまでも比率ですよ)ぐらいになるのですが、

135mm化することで、65:100ぐらいのテンション比になります。

これはいいですね~。フリー側のスポークテンションをむやみに上げなくても、

反フリー側のスポークテンションがちょうどいい感じに上がってくれますね。

エンド幅135mmのクロスバイクにお乗りの方、これお勧めですよ。

135mmハブの完組みでいいのが無いな~、という方、

シマノのロード用ハブを使ったO.L.D.135mmの手組みホイール、

軽いのやら頑丈なのやら、いろいろできますので是非お問い合わせください。

cs-hatano@ace.ocn.ne.jp

サイクルショップはたの