読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンク修理不可能

自転車の修理

「すいませ~ん。空気が全然入らないんですけど~。」

と、お客様ご来店。

どれどれ、と見てみますと、タイヤが傷んでいる様子は無いし、虫ゴムも正常です。

「では、チューブを調べて修理しましょか。」

ということでチューブを引きずり出して調べてみると、

 

f:id:cs-hatano:20140522141630j:plain

ぶしゅわわわ~!

チューブ穴だらけです!

いっぱい開いた穴からいっぱい気泡が出てきます!

こうなるとパッチ貼れません。

お客様ごめんなさいね~、チューブ交換になります~。

 

 

なんでこんなことになるかといいますと、

まず、タイヤに尖ったもの(細い釘状の物)が刺さります。

この時点で、チューブにも穴が開き、空気が漏れてしまいます。

で、お客様は、あらあらパンクや・・・ということで、自転車屋まで押していきます。

このとき、車輪が一回転する間にタイヤとチューブが少しずれてしまうことがあります。

で、釘が下になったときにチューブにプスッ。一回転して違う場所にまたプスッ。

プスップスップスップスッ・・・穴だらけと。

刺さった物をその場で取り除いてくださればいいのですが、

タイヤに埋まりこんでいると外側からはわかりにくいですからね~。

たまに、画鋲が刺さったまま押してくるお客様がいらっしゃるのですが、

お客様いわく、「穴の場所、わかりやすいかと思て。」

 

そんなんすぐわかるから、抜いといてよ~!

 

サイクルショップはたの