読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンガー(BB)オーバーホール

自転車の修理

「すいませ~ん。」と、お客様ご来店。

「いらっしゃいませ。どうされました?」

「ペダルがガクガクで、ガラガラ音がするし、こいでる途中でたまに空回りするんです。」

見てみますと、たしかにハンガー芯がガタついてますし、

左ハンガーワンが異常に引っ込み、ロックナットが緩んでフリーになり、からんからん・・・

お預かりして、ハンガー(=BB・ボトムブラケット)をオーバーホールすることになりました。

 

クランクを外し、左ハンガーワンを外し、ハンガー芯を取り出してみると、

 

f:id:cs-hatano:20140522141153j:plain

こんなん出てきました。

右側玉押しの部分が、酷く削られています。

 

f:id:cs-hatano:20140522141216j:plain

こちらは左側の正常な玉押しです。

 

f:id:cs-hatano:20140522141251j:plain

こちらが右側です。形が変わってしまってます。

ちなみに、右側のベアリングは影も形もありませんでした。

で、右ハンガーワンを取り外すために、ロックナットを外し、

チェーンケースを外して、上からのぞいてみると、ハンガーワンが斜めになっています。

あ~あと嘆きつつ緩めていくと、どうも様子がおかしい。

斜めに挿入されていたのではないようです。

これが取り外した右ハンガーワン。

f:id:cs-hatano:20140522141318j:plain

ぐにゅっといがんでます。

 

f:id:cs-hatano:20140522141342j:plain

真正面です。穴が楕円になっていますね・・・

 

f:id:cs-hatano:20140522141406j:plain

割れ目から向こうが見えています。

削られて楕円になった部分もわかりますでしょうか。

 

ハンガー芯、ハンガーワン、ベアリングを交換して完了です。

 

お客様の話では、ガタつき始めたころ、家の方に、

「こんなん直らへんわ。」と言われたそうで、

ず~っとガタガタいわせながら乗っておられたらしいです。

 

おかしいなぁ~と思ったら、すぐ自転車屋に行ってくださいね~。

 

サイクルショップはたの