読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バルブが折れた・・・

あるお客様からお問い合わせのメールをいただきました。

「後ろの車輪の空気を入れる棒?が折れてしまったのですが

チューブを交換で問題ありませんか?」

とのこと。

チューブ交換で直る旨連絡差し上げると、出張修理の依頼をいただきました。

 

お伺いして自転車を見てみると、バルブが折れ、スポークのニップルが3つとんでいました。

f:id:cs-hatano:20140522134726j:plain

根元からもげたのではなく、途中でポッキリ折れています。

お話をお伺いしてみると、鍵がかかったままの自転車を押して運んだらしいのです。

がんばって後輪を持ち上げて運んでいたのですが、

どうにもしんどくなり、途中で引きずったりしてしまったようです。

写真のように、リング錠がちょうどバルブのところでかかっていたようで、

f:id:cs-hatano:20140522134745j:plain

タイヤが接地した衝撃でリング錠とバルブがぶつかり、その結果、

バルブとスポーク3本が逝ってしまった、というわけです。

 

鍵がかかったままの自転車は動かさないでくださいね。

無理に動かそうとして引きずってしまうと、

・タイヤの接地している部分が削れて穴が開く。

・スポークが折れる。

・バルブがもげる。

というトラブルに発展します。高こつきまっせ~。

できるだけその場に自転車を置いといて、鍵のほうをなんとかする方向で対処してくださいね~。

 

サイクルショップはたの