読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リム高45mmのカーボンチューブラーリムで手組みホイール

リム高45mmのカーボンチューブラーリムでホイールを組みました。

最近流行のワイドリムです。

f:id:cs-hatano:20170209093957j:plain

リム幅は25mm、表面仕上げは3Kツヤ無しです。

ハブは前後エボリューションライトハブです。

 

f:id:cs-hatano:20170209094132j:plain

フロントのスポークはSAPIMのCX-RAYです。

18Hラジアル組みで524g(リム379g)。

 

f:id:cs-hatano:20170209094252j:plain

リアのスポークはDTSwissコンペティションです。

フリー側16本反フリー側8本の2:1組みで756g(リム375g)、

前後合計で1280gです。

ロードバイクでリム幅が25mmですと、装着するタイヤはほぼ25mm幅一択に

なると思います。

ロングライドなどでは安楽でいいのでしょうけど、どうしてもタイヤ自体の重量が

重くなってしまい、シャープでダイレクトな乗り味は薄れてしまいます。

かといって20mm前後の細身で軽量なタイヤを試してみるか、と思っても

25mm幅のリムに装着するのはちょっと無理がありますね。

細身のリムに細身のタイヤの軽い走行感も捨てがたいですね~。

サイクルショップはたの

リム高45mmと60mmのカーボンチューブラーリムで手組みホイール

リム高45mmと60mmのカーボンチューブラーリムでホイールを組みました。

最近流行のワイドリムです。

f:id:cs-hatano:20170127161253j:plain

リム幅は前後25mmのワイドリムです。表面仕上げは3Kツヤ無し。

ハブは前後TNIエボリューションライトハブです。

 

f:id:cs-hatano:20170127161416j:plain

フロントのスポークはSAPIMのCX-RAYブラックです。

ニップルターコイズブルー

20Hラジアル組みで520g(リム368g)。

 

f:id:cs-hatano:20170127161531j:plain

リアのスポークはDTSwissチャンピオンブラックです。

フリー側16本反フリー側8本の2:1組みで850g(リム454g)。

前後合計で1370gです。

ワイドリムのカーボンチューブラーホイールいかがですか~。

サイクルショップはたの

20インチ451サイズのカーボンクリンチャーリムで手組みホイール

20インチ(451サイズ)のカーボンクリンチャーリムでホイールを組みました。

f:id:cs-hatano:20170120103439j:plain

フロント16H、リア18Hの超少スポーク仕様です。

表面仕上げは3Kツヤ無し、リム高50mmのディープリムです。

スポークはDTSwissチャンピオン黒、ニップルもアルミ黒です。

 

f:id:cs-hatano:20170120103742j:plain

フロントハブはTNIエボリューションライト。

16Hラジアル組みで504g(リム366g)です。

 

f:id:cs-hatano:20170120103849j:plain

リアハブはTNIエボリューションライト24H。

フリー側12本(4本組み)反フリー側6本(2本組み)の2:1組みで、

672g(リム352g)、前後合計で1176gです。

小径リムでなおかつリム高が高いので、スポークのブレース角が大きく、

スポークの長さが短いので、リア18Hでも横剛性はしっかり確保されています。

ミニベロにカーボンホイールいかがですか~。

サイクルショップはたの

XR-200リムでエンド幅135mmのクロスバイク用手組みホイール

XR-200リムでエンド幅135mmのクロスバイク用にホイールを組みました。

f:id:cs-hatano:20170115180538j:plain

スポークはDTSwissコンペティションブラックです。ニップルも黒。

 

f:id:cs-hatano:20170115180624j:plain

フロントハブはNOVATECのA291SBです。

20Hラジアル組みで596g(リム385g)。

 

f:id:cs-hatano:20170115180724j:plain

リアハブはFH-5800を135mm化したものです。

フリー側16本反フリー側8本の2:1組みで919g(リム385g)。

前後合計で1515gです。

クロスバイクに軽量アルミクリンチャーリムの手組みホイールいかがですか~。

11速対応ですよ~。

サイクルショップはたの

パワータップハブのホイールのリム交換

お客様からお預かりしたパワータップハブのホイールのリムを交換しました。

f:id:cs-hatano:20170111092851j:plain

リムはXR-200、スポークはDTSwissコンペティションです。

 

f:id:cs-hatano:20170111093012j:plain

元のリムはHEDのBELGIUMです。

 

f:id:cs-hatano:20170111093113j:plain

フロントハブはDTSwissの240S。

20Hラジアル組みで619g(リム381g)。

 

f:id:cs-hatano:20170111093213j:plain

リアハブはパワータップPRO+です。

G3よりフランジ直径が大きく、反フリー側のフランジ-センター間は狭いです。

28H6本組みで1053g(リム384g)です。

ハブが483gとヘビー級なのでホイール全体も重くなりますね。

サイクルショップはたの

XR-200リムとCX-RAYでTypeLいろいろ

XR-200リムでTypeLの仕様違いホイールを組みました。

f:id:cs-hatano:20161230171207j:plain

ハブは前後エボリューションライトです。

 

f:id:cs-hatano:20161230171255j:plain

フロントのスポークはSAPIMのCX-RAYブラックです。

20Hラジアル組みで544g(リム384g)。

 

f:id:cs-hatano:20161230171411j:plain

リアのスポークはDTSwissのコンペティションブラックです。

フリー側16本反フリー側8本の2:1組みで766g(リム374g)。

前後合計で1310gです。

 

f:id:cs-hatano:20161230171557j:plain

こちらも前後エボリューションライトハブです。

 

f:id:cs-hatano:20161230171642j:plain

フロントのスポークはCX-RAY。

20Hラジアル組みで543g(リム383g)です。

 

f:id:cs-hatano:20161230171740j:plain

リアのスポークはコンペティションです。

フリー側16本反フリー側8本の2:1組みで731g(リム359g)。

前後合計で1274gです。

エボリューションライトのリアハブは実測でだいたい230g前後なのですが、

この個体は212gでした。カンパ用はフリーボディが軽いのでしょうか。

サイクルショップはたの

OPEN PROとスズエのハブで手組みホイール

お客様からお預かりしたMAVIC OPEN PRO CDと、

スズエのハブでホイールを組みました。

f:id:cs-hatano:20161229093758j:plain

スポークはDTSwissのコンペティションです。

 

f:id:cs-hatano:20161229093856j:plain

スズエのハブです。

フランジの直径が比較的大きいラージフランジハブですが、重量は162gです。

32H6本組みで821g(リム446g)です。

 

f:id:cs-hatano:20161229094231j:plain

フリーボディーはカンパ用です。

反フリー側のフランジ-センター間が比較的大きいので、

反フリー側のスポークテンションがどうしても低めになってしまいます。

ハブの重量は281g。32H6本組みで941g(リム446g)。

前後合計で1762gです。

クラシカルなホイールもいいですね~。

サイクルショップはたの