読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リム高50mmのカーボンチューブラーリムで手組みホイール

手組みホイール

リム高50mmのカーボンチューブラーリムでホイールを組みました。

f:id:cs-hatano:20161203181329j:plain

リム幅は20.5mm、表面仕上げは3Kツヤ無しです。

スポークはDTSwissコンペティション、ハブはエボリューションライトです。

 

f:id:cs-hatano:20161203181456j:plain

フロントは20Hラジアル組みで562g(リム377g)です。

 

f:id:cs-hatano:20161203181608j:plain

リアはフリー側16本反フリー側8本の2:1組みで758g(リム378g)、

前後合計で1320gです。

そこそこディープなリムですが、決して重くはないので

いろいろな用途に使えるのではないでしょうか。

横風が強いと少し気を使いますが。

サイクルショップはたの

XR-200リムでエンド幅135mmのクロスバイク用手組みホイール

手組みホイール

XR-200リムでエンド幅135mmのクロスバイク用に軽量ホイールを組みました。

f:id:cs-hatano:20161130185427j:plain

スポークはDTSwissコンペティションブラック、ニップルもブラックです。

 

f:id:cs-hatano:20161130185543j:plain

フロントハブはBITEXです。

20Hラジアル組みで593g(リム383g)です。

 

f:id:cs-hatano:20161130185639j:plain

リアハブはシマノ105、FH-5800を135mm化したものです。

フリー側16本反フリー側8本の2:1組みで919g(リム382g)。

前後合計で1512gです。

クロスバイクに軽量ホイールいかがですか~。

サイクルショップはたの

XR-200リムとエボリューションライトハブで手組みホイール

手組みホイール

XR-200とエボリューションライトでホイールを組みました。

f:id:cs-hatano:20161124162020j:plain

スポークはDTSwissコンペティション黒、ニップルターコイズブルーです。

 

f:id:cs-hatano:20161124162134j:plain

フロントは24Hラジアル組みで600g(リム381g)です。

 

f:id:cs-hatano:20161124162329j:plain

リアは28H6本組みで794g(リム373g)。

前後合計で1394gです。

20H24Hよりスポーク8本分(約55g)重くなるのですが、

その分しっかりしています。

サイクルショップはたの

XR-19Wリムとデュラエースハブで手組みホイール

手組みホイール

XR-19Wリムとデュラエースハブでホイールを組みました。

スポークの本数、多めです。

f:id:cs-hatano:20161110170953j:plain

スポークはDTSwissコンペティション、アルミニップルです。

 

f:id:cs-hatano:20161110171152j:plain

フロントハブはHB-9000です。

36H6本組みで759g(リム397g)。

 

f:id:cs-hatano:20161110171315j:plain

リアハブはFH-9000です。

36H6本組みで891g(リム402g)、前後合計で1650gです。

スポーク数が多いのでしっかりしていますし、リムが軽いので軽快に走れそうです。

ツーリングなどにいいのではないでしょうか。

サイクルショップはたの

 

MAVIC REFLEXチューブラーリム 組み替え

手組みホイール

お客様からリアホイールをお預かりしました。

f:id:cs-hatano:20161024111922j:plain

リムはMAVIC REFLEXチューブラー、ハブはFH-6600です。

 

f:id:cs-hatano:20161024112031j:plain

これはリムのバルブホール側から撮った写真なのですが、

“ULTEGRA”のロゴが向こう側になっていますし、

リムのステッカーも反対向きですね。

 

f:id:cs-hatano:20161024112738j:plain

ハブをエボリューションライトで組み直しました。

 

f:id:cs-hatano:20161024112924j:plain

もちろんスポーク、ニップルも新品です。

バルブホールにハブのロゴが正対していますし、

リムのステッカーもフリー側から読める方向になっています。

サイクルショップはたの

エボリューションハブのシールドベアリング交換

自転車の修理

私が組んだものではないのですが、リアホイールをお預かりしました。

エボリューションハブですが、シャフトを回転させるとジョリジョリいってます。

シールドベアリングを交換します。

f:id:cs-hatano:20161012182952j:plain

ハブシェルのフリー側です。どうやらこのベアリングが逝ってそうです。

 

f:id:cs-hatano:20161012183255j:plain

反フリー側です。こちらは比較的きれいですね。

 

両方とも交換します。

f:id:cs-hatano:20161012183740j:plain

きれいになりました。

 

f:id:cs-hatano:20161012183833j:plain

反フリー側のベアリングも交換します。

 

フリーボディーのベアリングは無事だといいのですが、

f:id:cs-hatano:20161012183424j:plain

シールがめくれて浮いてきています。

こちら側のベアリングは回転がスムーズだったのですが、

ハブシェル側のベアリングがジョリジョリいってました。

 

二つとも交換します。

f:id:cs-hatano:20161012184111j:plain

これでスムーズに回転するようになりました。

 

取り外したベアリングです。

f:id:cs-hatano:20161012184400j:plain

シールをめくってみるとこんな感じです。

下の二つは明らかにアウトです。

上の二つも一見きれいですが、回転させるとちょっと怪しい感じです。

シールドベアリングを使っているハブは、

カップ&コーンのようにベアリング自体のメンテナンスは必要ないので、

基本的にはメンテナンスフリーです。

ゴリゴリいいだしたらベアリング交換で対処です。

サイクルショップはたの

24インチのR390リムで手組みホイール

手組みホイール

ALEXRIMSの24インチR390リムでホイールを組みました。

f:id:cs-hatano:20161005094006j:plain

ETRTO520のリムです。

ハブはエボリューションライト、スポークはDTSwissチャンピオン

1.8mmです。

 

f:id:cs-hatano:20161005094220j:plain

フロントは32H6本組みで607g(リム371g)です。

 

f:id:cs-hatano:20161005094319j:plain

リアも32H6本組みで779g(リム377g)、

前後合計で1386gです。

いわゆるママチャリのWO24インチリムはETRTO540、

MTBなどのHE24インチリムはETRTO507、

で、このリムはETRTO520の24インチなんですね。う~む珍しい・・・

サイクルショップはたの